大田区、品川区、港区、目黒区の訪問・出張マッサージは「ほたる鍼灸マッサージ」

rss

カテゴリー

対応エリア

品川区、大田区、港区、目黒区の計4エリアとなります。

(上記以外につきましても、近郊のエリアでしたら、お伺い出来ますので、お気軽にご相談ください。)

 

お問い合わせ

 

ブログ
スマホアプリ始めました。

今日の患者様

2019年05月21日

パーキンソン病と診断された方のふるえ

本日はパーキンソン病に対し、ほたる鍼灸マッサージが実際に

どのようなことをしているかを少しお話させて頂きます。

 

80歳代のパーキンソン病と診断された方、

要介護は5です。

体力的にもかなり厳しいご年齢です。

 

しかし、その方はパーキンソン病以外、

病気という病気は今までありません。

 

パーキンソン病の方や、そのご家族様は

よく理解されていらっしゃるかとは思いますが、

パーキンソン病とはドーパミンの異常分泌が起こってしまいます。

 

では、なぜドーパミンが異常分泌してしまうのか?

それが分からないから原因不明と言われています。

 

しかし、ほたる鍼灸マッサージを利用して頂いている方のご家族様との会話で

私「最近、ふるえって少ないですよね?」

ご家族様「そーなんですよー!最近調子がいいみたいでー!」

私「2週間くらい前からじゃないですか?」

ご家族様「そうなんですよー!!よく分かりますね?さすがです!」

 

人の体は負担が掛かっているところに必ずサインが出ます。

私達は体のサインを見逃さず、その負担が掛かっているところにアプローチします。

 

そのパーキンソン病の患者様の場合、二か所、大きく負担が掛かっているサインが出ていました。

そこを重点的に行っていたら、ふるえの調子が良くなりました。

 

ふるえがあまりにひどいと睡眠の妨げにもなってしまいます。

ご本人様にとっても、その姿を見ているご家族様にとっても

それは本当に辛い時間です。

 

少しでも多くの方のふるえが軽減しますよう

心より願っております。

 

私達で力になれることがあれば何でもさせて下さい。

辛い時間を減らして、「あなたらしい人生を歩んで頂く為に」

 

ちなみに、二か所はどこかというと、、、

内緒です(笑)

ただ、パーキンソン病の方って寝ている時に左を向いてしまう方が多いんです。

それがヒントですね~。体との関係性から左向きになってしまう場合が多いです。

 

パーキンソン病でお困りの方がいらっしゃれば是非お話だけでもさせて下さい。

 

今後ともよろしくお願いします!

詳細を知りたい方は下記のURLからトップページをご覧ください。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ほたる鍼灸マッサージ
http://www.hotalu.jp/
住所:東京都品川区二葉1-22-13
TEL:0120-166-440
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



無料で30分 訪問マッサージ