大田区、品川区、港区、目黒区の訪問・出張マッサージは「ほたる鍼灸マッサージ」

rss

対応エリア

品川区、大田区、港区、目黒区の計4エリアとなります。

(上記以外につきましても、近郊のエリアでしたら、お伺い出来ますので、お気軽にご相談ください。)

 

お問い合わせ

 

ブログ
スマホアプリ始めました。

変形性膝関節症について

現在の日本で変形性膝関節症の方は、1.000万人いると言われており、今後も増え続けていくと予想されています。変形性膝関節症は、立ち上がる動作や階段の上り下り、正座等で痛みが伴い、 日常生活に影響を及ぼす病気です。骨が変形してしまうと元に戻る為には長期間かかってしまいます。 「ほたる訪問鍼灸リハビリマッサージ」では、変形性膝関節症の方に対し、膝へのマッサージのみでは終わらず、原因を探究いたします

変形性膝関節症とは

正常の膝関節では関節の表面は軟骨で覆われています。軟骨は衝撃を和らげたり、関節の動きを滑らかにしたりします。 関節の中には関節液があり(ヒアルロン酸を含んだ粘りのある液体)膝関節がスムーズに動く潤滑油と軟骨の栄養の役割をしています。 変形性膝関節症は軟骨のすり減りや筋力の低下が原因で、膝関節に炎症が起きたり、関節が変形し痛みが生じる病気で す。 変形性膝関節症は50歳代以上の男女、特に女性に多く、60歳代の女性の約40%、70歳代の女性の約70%が変形性膝関節症を患っていると言われていま す。 危険因子としては、性別・加齢・体重・姿勢・運動不足・既往歴(半月板の損傷・靭帯損傷・骨折など)などがあります。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症は人により、自覚症状は様々ですが、膝関節の違和感が最初の症状として多く報告が上がっています。そして、膝の曲げ伸ばしや立ち上がるとき、正座、しゃがみ込む動作、階段の上り下りなどで痛みが生じるようになります(動作時痛)。歩行時の膝にかかる負担の増加、軟骨・半月板の変性による刺激で関節炎が起こり、その結果膝に水が溜まります。(膝に水が溜まる(関節水腫)ということは、膝関節に炎症が起きており、関節液が通常より多くなってしまっている状態です。よく膝の水を抜いたりするのは、関節液は関節の動きをスムーズにするためにもありますが、多すぎるとかえって膝関節が曲がりづらくなってしまうからです。)また、膝が伸びない・曲がらない(関節可動域制限)などの症状があります。 変形際膝関節症は違和感を覚えた後、動き始めが痛み、身体を動かしていると痛みが治まりますが、そのままにしてしまうと症状が悪化してしまい、立ち上がる動作が痛む、階段の上り下りに痛む、曲げ伸ばしが出来なくなる(関節可動域制限)など日常動作に影響を及ぼします。その後、膝関節の骨が徐々に変形してくる(O脚、X脚など)経過を辿り、動かしたり(動作時痛)歩くたびに痛み(歩行時痛)が出てしまいます。痛みが強くなり動かすことが減ってきてしまいますと、骨の変形だけでなく関節拘縮を起こしてしまいます。徐々に症状が悪化してしまうことも変形性膝関節症の特徴です。 医師の方に「変形性膝関節症」と診断され、階段の上り下りや歩行時に痛む方は訪問マッサージ(在宅マッサージ)を受けている方が多いです。 ※変形性膝関節症の症状の関節水腫(関節の水が溜まっている)を抜いた方が良いのかどうか迷っている方がいらっしゃいましたら、医師の診察を受けに行き、相談するようにしましょう。

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療法としては、 ・運動療法 ・装具装着、インソールの使用 ・関節注射 ・薬物治療 ・手術治療 などがあります。

ほたる鍼灸マッサージの変形性膝関節症に対する治療

多くの変形性膝関節症の方を見てきました。 訪問マッサージ(在宅マッサージ)をさせて頂いてるときに、 ・旅行に行きたい ・孫の運動会を見たい ・痛みなく散歩をしたい というお声を聞いてきました。 「ほたる鍼灸マッサージ」では、そのお声を 実現できるよう全力を尽くさせて頂いております。 ・立ち上がるのが楽になった ・訪問マッサージを受けると痛みがなくなるので助かる ・足のむくみも良くなった など多くのお喜びの声を訪問マッサージ(在宅マッサージ)を やらせて頂いてるときの会話から頂いております。

変形性膝関節症は、膝関節への負担の蓄積が大きく影響しています。「ほたる鍼灸マッサージ」では、 膝の安定を図る為の筋力トレーニング(大腿四頭筋をメインとした下肢の筋肉に対して)を行いますが、 それだけでなく、 膝への負担を軽減するよう全身の骨格調整を行います (ボキボキといった音を鳴らしたり、痛みを伴うことは行いません)。 ブログで変形性膝関節症に対して、なぜ全身の骨格調整をする必要があるのかを記載しております。 「変形性膝関節症 原因とは?」をご参照ください。 変形性膝関節症になったことには原因があります。 ・今まで膝をケガしたわけでもないのに変形性膝関節症になってしまった。 ・同じ体型をしているのに自分だけ変形性膝関節症になった。 などお声を耳にしてきましたが、変形性膝関節症になってしまう原因の一つに「膝関節の使い方」があります。 「ほたる鍼灸マッサージ」では、運動療法に加え、「膝関節の使い方」をご説明させて頂き、正しい使い方が出来るようにしていきます。 「膝の使い方」を考えるうえで一点だけ認識して頂きたいことがありますので、非常に簡単な説明ですが、 「膝関節の構造」をご参照ください。



無料で30分 訪問マッサージ